童貞とは

童貞とはどういうものなのでしょうか。単純に考えて、セックスをしてことのない男性を指す言葉です。その童貞であることが恥ずかしいと思う人も多くいると思います。しかし、セックスの経験がないだけで言わなければ相手にはそれは分かりませんし、生きていく上で必要なことではありません。女性であるならば結婚するまでセックスはしないと決めた人も多くいて、処女を守ることが重要だと考える人もいます。しかし、童貞の場合は深く考えられていません。肉体的に童貞であるか否かも分かりませんよね。したがって童貞であっても気にする必要はないと思います。

気にしないといけないところを唯一上げるとすれば「結婚前にセックスに誘ったことがない」と言うことでしょう。90年代に「素人童貞」という言葉がよく言われていました。それはセックスをしたことがあっても、お金を払って行うことで、風俗や援助交際などが主になります。要するに素人とはセックスをしたことがないということなんです。

時代は200年代に入ると、それまで童貞は卒業しておかなければいけないという強い考えから、童貞を卒業しないよりも、しておいたほうが良いだろうという弱い考え方になりました。快楽の手段としてのセックスは、今や男性のメインの楽しみではなくなったのです。したがって、女性は性欲を満たせずに性に対してギラついてしまうのです。今や女性はなかなかセックスをして貰えないという時代になってしまったのです。

童貞を誇ろう

既述したように必死になって童貞を卒業しようとしていた時代から、女性の方が必至にセックスをしてもらおうという時代になりました。このように女性にとってセックス事情が大きく変わっっていきました。90年代までは女性が男性に対してセックスを餌として、ちらつかせて男性をおびき寄せようとしていました。しかし、現在ではそのような手段は全くと言って良いほど通用しなくなってきています。これは男性がセックスに対しての考え方として淡白なものになっていったというのが要因になったとも言われています。

男性が淡白であることと、女性が積極的であることは表裏一体になっています。これは恥じることでもないですし、問題視することでもないと思います。この童貞を今まで捧げるチャンスがなかったということを純粋な存在として誇りに思っても良いと思います。結婚願望が強い女性が結婚をしたいがために妊娠を武器にすることがありますが、このような女性が現在増えています。そんな中で男性の童貞が純粋なものであると言えるでしょう。

童貞を卒業するには駆け引きも大事

童貞の卒業するためには女性をいかにしてセックスに誘う技を収得する必要がありますよね。

昔から勘違いされているですが、男性はセックスの時に女性を満足させなくてはいけないと男性の中で暗黙の認識のように思われています。これがプレッシャーとなりセックスに臆病になっている童貞もいるでしょう。しかし、女性は性的な満足を期待しているのではなく、女性として扱われているのかということがの方が重要なんです。また、男性同様に女性も自分とのセックスで相手が満足しなかったらどうしようという不安な思いを持っているんです。

セックスに関してやろうと思えば風俗に行って簡単でかつ安くできます。そこで、女性をセックスに誘うのは億劫になるかもしれませんが、誘うことは礼儀や挨拶のように思っておいてください。女性だって誘われれば嬉しい気持ちにはなるはずです。

また、誘って断られる恐れもありますが、断られたらしつこく説得するよりも一度あっさりと引いてみるのです。そうすると逆に女性の方が不安になります。どうしてだろうと思ううちに、あなたのことを考えていたりします。童貞だからと臆することなく駆け引きを楽しむくらいの余裕を持ちましょう。

このページの先頭へ